電材NEWS(Panasonic広報誌)に掲載されました。

画像の説明

お待たせ致しました。
ご関係者様には年賀状でご案内させて頂いておりましたが、
パナソニック様の広報紙〝電材NEWS〟が完成致しました。
昨日、パナソニックの方が来社しEmanageの運用の
打ち合わせも兼ねて出来たてホヤホヤの〝電材NEWS〟を
まずは200部お持ち頂きました。

今回、弊社が電材NEWSへの掲載のお話を頂いた経緯を簡単にお話させて頂きたいと思います。
以前、こちらのブログでもご案内させて頂きましたが、
昨年弊社はエネマネ事業者に登録をされました。
昨年6月頃エネマネ事業者に採択され、8月に[エネルギー使用合理化等支援者補助金]の申請を行いました。
今回の申請は、残念ながら採択をされませんでしたが、机上ではEmanageシステムを導入し、計測・制御を行い、電力量の削減することは理解しておりましたが、実際にお客様へご提案・導入する場合、何をどうすればいいのか?分からないことばかりでした。
そんな中、社長から「第二細井ビル(弊社が入居しておる建物)に導入しノウハウをマスターしよう」と声がかかりました。まずは、オーナー様へご説明しご理解をして頂いた上で、実際に導入するとになりました。

そもそもEmanage機器の発売は、10月末だったため、発売開始と同時に弊社に納入してもらい、パナソニック様にてEmanage導入研修を行って頂き、取付工事を実施、計測・制御の運用を始めました。
施工は問題なくスムーズに出来ましたが、機器のディツプスイッチの設定やクラウドサーバーの設定・操作には少し時間がかかりました。
事前準備からパナソニックの方々とお打合せをさせて頂き、設計方法や設定方法をご丁寧にご指導頂き、現在に至っております。

自家設備としてEmanageを初めて設置し、ビルの省エネに積極的に取り組んでいるということで、今回〝電材NEWS〟掲載のお話を頂きました。

今年の弊社の省エネ事業目標は、本年度もエネマネ事業者に採択され、そして申請物件が[エネルギー使用合理化等支援者補助金]に採択されることです。

弊社は、エネマネ事業者への申請を本年度も行います。
[エネルギー使用合理化等支援者補助金]申請は、エネマネ事業者を活用することで、最大1/2の補助金を受けることができます。
※申請後、審査があります。
設備更新(照明器具・空調機)をご検討中でしたら、是非こちらの補助金を活用されてみてはいかがでしょうか。
本申請の詳しい内容につきましては、弊社までお問合せ頂ければご説明させて頂きます。


■電材NEWS No.46 平成28年1月発行
画像の説明
&show(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename);